lawyer

対策方法

平成27年1月1日から、相続税の取扱いが大きく変わりました

平成27年1月の相続税の改正で、課税対象になる人が拡大するといわれています。どのような改正が行われたか、内容を簡単に説明します。まず、基礎控除額が大きく引き下げられました。改正前は基礎控除の算出式が、5000万円+(1000万円×法定相続人の数)でした。改正後は、3000万円+(600万円×法定相続人の数)となり、大幅に課税対象者が増えることになります。次に税率構造が改正され、税率が引き上げられています。具体的には、法定相続分に応じた取得金額が、2億円超の場合に影響があります。その次に、未成年者控除と障害者控除が拡大しています。最後に、小規模宅地等の特例の対象が拡大しています。この特例は不動産の相続対策としては有効な方法なので、対象となる方は知っておくべきです。

どんな対策方法があるのでしょうか

相続とは、回数は少ないかもしれないけれど、いずれ経験する可能性が高いものです。タイミングを選ぶことができないので、法改正もふまえて早めに対策をすることが大切になります。税金の問題だけではありません。課税対象とならなくても、何らかの形で遺産分割を行う必要はあるからです。できれば、来るべき相続について、親や兄弟と普段からフランクに話しておくことがおすすめです。なぜなら、認知症などになって意思能力がなくなると、相続対策として行える法律行為がほとんどできなくなってしまうからです。遺言書の作成、生前贈与、不動産活用などの対策が行えなくなるのです。もちろん成年後見人制度などを利用すれば、いくつかの法律行為を実行することは不可能ではありません。でも、対策を早めに行えば、コストをかけず高い節税効果を期待できますし、揉めないようにいろんな対策を取ることができるのです。相続は、決して他人事ではありません。自分のためにも大切な家族のためにも、自分に合った対策にはどんなものがあるのか、まず検討を始めてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加